スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説更新~

どうも、そろそろ一ヶ月ぶりとなりそうな今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。
ブログ放置がすっかり板についてきたようで大変アレですね。

さてさて、ブログ放置していた間、実は新作の執筆に悪戦苦闘しておりました。

その瞳に映るもの-Records of The World-

とある名家の末っ子、明澄は、家の秘蔵の学術資料を兄の勤務する研究所へと持っていくように父に頼まれる。だが、到着した現地ではある問題が起こっていて……?

あらすじだけ見るとパッと見は普通の小説に見えますが、結構無駄に世界観設定に凝ったせいで説明にえらく苦心しました。
成功したかどうかは……あなたの目で確かめてください(ぇ

以下お見苦しい言い訳とか。

ズバリ、今回の作品のテーマは、『無茶』でした。
作品内でなく、書く側の心構えとして。
常識とされる小説の作り方に敢えて反逆し、それでも面白いものが作れるか……という、壮大な『無茶』に挑んでみました。

物語に不必要な設定の乱立や難解な設定の連発は読者を混乱させる。特に短編では。

常識ですね。当たり前ですね。当然ですね。

でも書きたかった。

設定資料集読むだけでも幸せになれる根っからの設定マニアなので、『設定からアプローチする物語』ということをテーマに影で色々悪戦苦闘していたのですが、まぁ当然ながらそれでは『面白い物語』は書けないよね、ということにようやく最近気づきました。

ですがまぁそこそこの年数積み上げてきた情熱と設定の山を、ハイそうですかと言って捨てられるほど人間ができていないので、多分これは痛い目見ないとわかんないな自分……と思い、壮大な自爆をすることに決めました。

ズバリ、設定を書くために物語をでっち上げる。 

本末転倒ってレベルじゃないよこれ……と自分でも自分に呆れながら書き上げてみたわけですが。
……無茶振りにしては、個人的にはいい線いったと思うのですが、客観的に『面白いか』と聞かれて素直に頷けるようなものになったかと言われると、やはり微妙な感じですorz

魔法とか能力モノのバトルが大好き! という方には最低限のものは用意できたと思いますが、小説としてはどうよ、と言う出来に。

個人的な結果としては、信念と全力を懸けてぶつかって、やっぱりだめだなーということを実感した作品でした。

もしよろしければ、皆さんの素直な感想などを頂ければ幸いです。
ではでは~
スポンサーサイト

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夕凪

Author:夕凪
のんびり趣味物書き。
ここでは特に何かを書き残したいと思ったときに記事を書いていきたいと思っています。
日常でのささやかなあれこれはTwitterでつぶやいていますのでよければそちらもどうぞ。
Twitterアカウント→yu_nag
書き上げた小説は→こちら

カウンター
最新記事
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。