スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり国内旅行記一日目~中国地方編~

さて、そろそろ記事を増やしていこうと思い、春休みをまるまる潰して行ってきた旅行の記録などを残していこうかと。
本日からスタートして全部で19日分あるのですが……のんびり更新していこうと思います。

全力で写真記です。
ブログ初挑戦でどれくらいのサイズが見やすいか解らないので、もし何かあれば一言いただければ幸いです。

ではでは、はじまりはじまり~
ぶらり国内旅行記一日目~中国地方編~

2月19日
旅行初日。
朝6時に家を飛び出します。
下宿からバスでJR京都駅へ。そこからディーゼル特急に乗って鳥取へ。片道三時間ほどです。
早起きだったので早速うとうと。
目が覚めたら雪国でした!
雪景色

山手の方だったからまだ雪が残っていたんですねー


さて、列車に揺られて鳥取駅に到着。
観光案内の方に砂丘行のバスの場所を尋ねると、もうすぐ出るとのことでダッシュ。すべりこみセーフでした。

で、30分ほどバス内で観光案内を聞きながら、鳥取砂丘着。
IMG_1047.jpg

丘というだけあって普通の砂浜とはスケールが違いました。
砂丘入り口から海のほうを見てみると人が豆粒のよう……

足元を見てみるときれいな風紋が付いていました。
風紋

往復徒歩30分のところをダッシュで20分ほどで往復。
足場が悪く足が微妙に痛みましたが、無事砂丘の全景を見渡すことができました。

帰りにバス待ちがてら売店で梨きんつばなるものをを購入。美味でしたー
梨きんつば

さて、帰りのバスにゆられて、妙にさびれた鳥取市内を通過して鳥取駅に帰還。
ICどころか自動改札何それと言わんばかりの有人改札で切符にハンコを押してもらって、次の列車を待ちます。
ところで、来たときは別に気にしていなかったのですが、よくよく見たらこの駅

架線がない。
架線が…
見慣れたはずの、電車に欠かすことのできないはずの、あの架線が
ない。

いや、まぁディーゼル列車しか走らないなら架線は要りませんよね。そりゃあ。
しかしローカルな地方の駅ならまだしも、ここ県庁所在地なんですけど……
この規模の駅で架線がないというのは、一種のカルチャーショックというべきものでしょうか……なかなか地味に衝撃的でした。

さてさて、再びディーゼル特急に揺られ、次は岡山県。

鳥取の直後ということもあり感覚が麻痺していたのか、駅前にビックカメラがあるなんてさすが大都会岡山……などと妙な感動をしつつ、日本三大名園に数えられる後楽園へ。


池の畔から


芝焼きの後だったので芝生は微妙にこげ跡が残っていましたが、それでも流石と言うべきその美しさ。
後楽園全景
日本庭園は、各所のこだわり方が、あー分かる分かるやりたくなるよねそれ! と言いたくなるようなものばかりなので大好きです。
例えば、無駄に建物の中に川を引いてみたり。
建物の中を川が…
と言うかそもそも庭の中に川や池や山を作っちゃうあたりとか。
後楽園

ちょうど梅が咲き始める時期で、なかなか綺麗でした。
うん、やはり日本庭園には梅だよなぁ
梅綺麗ー


さて、そんな感じで庭園内をぐるっと一周して存分に堪能しました。
閉園間際の40分ほどで。
誰だこんな予定立てたの(お前だ

さて、本日のラストは日が暮れてからライトアップされる倉敷美観地区です。
夜の美観地区
写真がうまく取れずに涙目。
夜の美観地区その二
暗いと手ぶれが酷くてまともに見られる写真がこれくらいしかないという……
景観自体はすごく綺麗でした。施設やお店はことごとく閉まってましたけど。

そしてこの日の行程はこれにて終了。
チェーンの安くて美味しい定食屋さんでお腹いっぱいご飯を食べて、岡山市内のネカフェで泊まりました。

二日目に続きますー
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。